人気ブログランキング |

ショッキングな出来事

今日は義妹が飼ってる猫ちゃんのお話です。

4日前の夜、義妹から突然電話がかかって、我が家の犬達がお世話になっている ともだ動物病院 は夜間診療やってますか?というので、別の夜間診療をやってる病院を取りあえず紹介。

翌朝、何事だったのかとメールで問い合わせたところ、14歳になる猫ちゃんが突然動けなくなって顔面痙攣を起こしたんだとか、只今一泊入院中とのこと。
診断はてんかんの発作だとの事で、ステロイド系の注射を一本

お迎えに行ったら元気になってましたと、ほっとした様子の報告を受け、こちらも少し安心したところ

翌朝、昨日の朝になりますが、義妹から又電話があり、やっぱりともだ動物病院で見て貰いたいので病院の電話番号を教えて欲しいとの事

どうしたの? と尋ねたところ、セカンドオピニオンでもう一軒見て貰おうかと思うと・・・・・

そして昼、ともだ動物病院では診断が全然違って、てんかんではく、前頭葉に何らかの脳障害をおこしていると診断を下されたと・・・・・
確実な事はMRIを撮らないと・・・・但しMRIの撮影は福岡まで行かないと熊本では出来ないと言われましたと報告があり、お姉さんならどうしますか?と義妹は福岡まで行くかどうか決めかねている様子

ところが、猫ちゃんの状態が急激に変化してきて、眼が見えてないみたい  耳も聞こえてないみたい  左回りに室内をグルグル回ってて落ち着かない  寝てもくれない

元看護師を職業にしていて、冷静に観察できる眼を持ってるはずの義妹も、おろおろするばかり

やっぱりMRIを撮りに福岡に行って来ます。月曜日に予約を入れました と電話

それでも月曜日まで待つよりは一刻も早いほうがいいと、福岡のMRI撮影をお願いした病院の先生から言って頂いたとかで、急遽夕刻から博多へ

義妹が、今の状態では運転できそうもないと訴えるので、仕事帰りのみーちゃんと二人運転手兼お供でついて行きました。

行った先は博多のど真ん中と思いきや、香椎駅の側のこぢんまりとした病院
a0098757_9152295.jpg

時間外なったにもかかわらず、先生が待っていて下さり、早速診察、そしてMRIの撮影、この間約2時間

猫ちゃんを病院に預け、近くのファミレスで夕食をとりながら時間を過ごし、午後9時、いよいよ診断が下される時が来て、ドキドキしながら再度病院の玄関を入りました。

結果は大きな脳腫瘍

頭の1/5程の大きな腫瘍が出来ていました。

撮影した写真を頂き、今日これから ともだ動物病院へ 今後の治療方針など打ち合わせに行く事になっています。

昨日午前にともだ動物病院へ行く時に、道路を逆走しそうになったり、何度もクラクションを鳴らされたと義妹が言うので、今日は私が運転手としてついて行こうと思っています。



ペットたちも高齢になったら、いろんな病気が出てくるとは知っていましたが、身近なところで、目の当たりにすると、とても人ごととは思えません。

義妹の心配や不安は如何ばかりかと、何もお手伝いできない私はせめて運転ぐらいはしてあげられるかな?
と思う今朝でした。
by mn2486 | 2012-05-26 09:28 | その他

愛犬プーチャと家族の暮らし


by mn2486
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る